HOME>クチコミ>下肢静脈瘤の手術なら様々な方法がある【実際に手術を受けた人の意見】

下肢静脈瘤の手術なら様々な方法がある【実際に手術を受けた人の意見】

下肢静脈瘤

下肢動脈瘤の手術は方法がいくつかあり、傷跡が目立ちにくい手術もあります。レーザーやワイヤーを使ったものなど医師と相談しながら決めるといいでしょう。実際に手術を受けた人から話を聞いてみましょう。

口コミ一覧

血管内焼灼術を受けたので翌日にはすぐ働けました

ふくらはぎの血管が目立つせいで、海やプールにも出かけられない状態から抜け出したくて、血管内焼灼術で血管を焼いてもらう事にしました。レーザーで血管の一部を焼くのは、後遺症や傷跡が残らないか心配になりましたが、手術後の数ヶ月後に跡形が消えると聞いたので、安心して血管を焼く事ができています。血管の一部にレーザーを照射するだけで良いので、広範囲の皮膚が熱く感じるような事も無くて、大量の出血が発生する事もありませんでした。下肢静脈瘤の症状が悪化してから血管内焼灼術を受けたので、足のだるさや痛みなどの症状が一気に改善されたのが分かります。手術の結果には満足しており、また下肢静脈瘤が再発するような事があっても、同じ手術を受ける事で対処したいです。
【50代 女性】

ストリッピング手術のお陰で再発なく過ごせています

足の血管が大きくなるにつれて痛みも発生するようになり、このままでは寝付けなくなりそうだったので、ストリッピング手術で下肢静脈瘤を治す事にしました。静脈を引き抜く治療だと聞いた時には、危険な治療法かもしれないと心配になりましたが、実績が豊富な医師が担当医になってくれたので安心しています。ワイヤーを通す際に強い痛みを感じるような事もなくて、気付いたら手術が終わっていたと感じるほど、血管や筋肉への負担は小さいです。ストリッピング手術を終えると、あれだけ膨らんでいた血管が次第に小さくなってきて、現在では他人に足を見られても恥ずかしく感じる事もありません。足の痛みに悩まされる事もなくなって、日常的に運動を楽しみやすくなったのも、手術を完璧な形で終わらせてくれた医師のおかげです。
【40代 女性】