HOME>オススメ情報>糖尿病の食事の基本を知る【糖尿病と向き合うための方法】

糖尿病の食事の基本を知る【糖尿病と向き合うための方法】

食事

糖尿病になった時の対処方法

糖尿病は治らない病気といわれていますが、それはあくまで放置すれば悪化の一途をたどるのみ、という意味です。正しい方法で対処することによって、血糖値のコントロールは可能です。血糖値を低く抑え続けることができれば、健康な人と全く変わらない生活を送ることができます。糖尿病の対処法は、生活改善と薬物治療の二本立てです。薬物治療は医師に頼ることになりますが、生活改善は医師の指導の元自分で努力していく必要があります。生活改善は大きく食事療法と運動療法に分けられます。糖尿病の食事は特殊なものと考えられがちですが、カロリーの摂り過ぎに注意すればむしろ幅広くなんでも食べるのがおすすめです。適度な運動で脂肪を燃焼するのも効果があり、結局は健康的な生活が糖尿病治療には不可欠ということがいえます。

食事

糖尿病患者に相応しい食事内容

糖尿病の食事でまず大切なのは、適正な量のカロリーを摂取するということです。カロリーの適正量は年齢や体格、毎日の運動量によって変わってきます。身長・体重を正確に把握し、日々の生活も見直して、自分は1日何Kcal摂取すればよいのかをきちんと見極めましょう。適正なカロリーがわかったら、それを1日3回の食事でバランスよく摂るようにします。糖尿病の人は食事の後血糖値が上がりやすいため、1日2食などの「まとめ食い」は症状の悪化につながるので注意が必要です。さらに栄養面でのバランスも重要です。といっても難しいことはなく、主食・主菜・副菜を揃え、おかずには肉や魚、野菜などなるべく多くの種類の食物を整えるようにすればOKです。フルーツや乳製品も摂って構いませんが、甘いお菓子などは控えめにしたいところです。