HOME>オススメ情報>幹細胞治療で夢の再生医療を実現【既存治療を凌駕する実績】

幹細胞治療で夢の再生医療を実現【既存治療を凌駕する実績】

カウンセリング

幹細胞治療の基本知識

再生医療について話題にあがる事が多くなってきましたが、そもそも再生治療とは何なのでしょうか。再生医療は怪我や病によって失われた身体の機能を特殊な細胞によって改善したり回復させたりする治療方法です。その鍵となる特殊な細胞こそ幹細胞です。人間の身体には様々な役割を担っている細胞が約60兆個も存在していますが、そもそも目的の機能のみを回復させる事はできるのでしょうか。細胞には寿命がありますので、日々新しい細胞を作らないと身体は維持できません。幹細胞のすごい所は、この新しい細胞を生み出す役割を担っている事です。幹細胞は分裂する事で新しい細胞を生み出しますが、さらに生み出された細胞は様々な役割を担うものに変化する事ができます。それにより、目的に合った機能のみを回復する細胞を増やす治療方法として生み出されたのが幹細胞治療です。色々な細胞に変化する事を分化というのですが、幹細胞は工場の様に新しいものを生み出し、そして分化により失われた機能を修復してくれます。

ホスピタル

幹細胞治療で治療可能な病気や症状

幹細胞治療は薬などで回復を目指すのではなく、人間に備わっている再生力に着目した治療方法です。将来的に有望な治療方法ですが、実用段階には至っておらず、まだまだクリアしなければならない課題があります。それでも日々臨床試験が行われており、治療が困難と思われていた疾病や症状にも希望の光が見えてきています。整形外科的な分野から血管や臓器、骨まで人間の身体の様々な再生治療について研究されています。国から難病指定されているパーキンソン病などの脳変性疾患分野では行動の亢進や神経の保護に効果があった事が動物実験で報告されています。それ以外の心臓疾患や失明の回復を目指し、増殖させる課題や治療のタイミングなどクリアすべき問題はありますが、一定の効果が現れています。幹細胞治療は失われた機能の回復を目指す治療であり、治療可能な病や症状は人間の身体に起こる事全てと言えます。道のりは険しいですが、人類の希望になる分野と言えるでしょう。